福を引き寄せる蛙さん

随分前から店先に並んでる石でできた蛙さん。
向かって右側の蛙さんの背中にはチビ蛙も。

蛙が背に子を負うてる。
すなわち
「コオウテルカエル」 →「買うてかえる」※大阪弁の場合「かうて」じゃなくて「こうて」と読みます。

万歳~

というわけで商売人には縁起の良い語呂合わせの置物って位の認識でした。

ところが先日、石材店の社長の奥様がご来店時ふと立ち止まり。

「これおじいちゃんのやわ!」とビックリなさってるんです。

お聞きすると、この蛙さんは福引蛙と書いて「おんびきがえる」と読みとっても縁起の良い蛙さんだったんです。

福引蛙

そしてちっちゃい方のカエルさんをひっくり返すとこんな裏書がありました。
裏書もあります

この福引蛙を掘ったのは松下利吉さんと言う方で、昭和55年、81歳の時に 掘られたと言うことがわかりました。
松下利吉さんは高砂市の松下石材店さんの3代目になり、年齢からするともしかしたらご存命中最後に掘った福引蛙かもしれないそうです。
使われてる石は地元高砂市で採れる竜山石(宝殿石)で、竜山石には「青竜石」、「黄竜石」、「赤竜石」の3色がありますが赤い「赤竜石」は現在では殆ど採れないそうで、我が家の赤い蛙さんは今となってはとても貴重な石なんですって!

いやいや無造作に店先に置いてた蛙さんたちがそんな貴重な蛙さんだったとは。
これはもっと丁重に扱わせていただかないと来る福もどっかに行ってしまいそうです(笑)

このことを教えていただいた最初に登場した石材店の奥様すなわち松下石材店社長の奥様 は利吉さんから福引蛙の掘り方を教わり現在は竜山石を加工した石器の製造・販売をなさってます。

とても素敵な食器や花器、オブジェなど制作されてますのでギャラリーを覗いてみてはいかがでしょうか。
ホームページもあるんでご覧なってみてください。 → 現代宝殿石器 石ころRi

ライスショップハセガワ

〒676-0803 高砂市百合丘4-5
電話0120-920-444
【ライスショップハセガワウェブショップ】※携帯・スマートフォンからもアクセス可
http://o-kome.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/riceshophasegawa
【Twitter】
http://twitter.com/comet_chan