そりゃやっぱ新米でしょ

高知出身(とは言えおそらく50年以上は故郷を離れている)お客さんに新米の高知コシヒカリを勧めるも
当初「高知のはあんまりちゃうの~?私高知生まれやから知ってるの」と否定的なご意見。
まぁ一度試してみてよと言うことでお買い上げいただきまして、あれから2週間程でお電話あり「あれ意外と美味しかったわ」とのお言葉。
おすすめしたこちらも一安心ですが、そりゃやっぱ新米ですから余程の事がない限り美味しいですって。
高知コシヒカリは在庫はもうほんの僅か。
来週からは徳島県阿南市のコシヒカリが入荷します。

東北訪問記録 その6

里山カフェを後にして訪れましたのは大崎市鳴子温泉の中鉢さんの田んぼ。DSC02239
中鉢さんには有機JASササニシキでお世話になっております。
http://o-kome.net/?pid=65222445

そのササニシキの田んぼは何故か水草が多く田んぼは緑色!DSC02233
でもこれは決して悪いことではないそうで雑草も今年は少なくこれまで抑草のために取り組んできたことが実を結んできているそうです。
なので除草機は1回入れるだけで済みそうなのでこの折角導入したニュー除草機の出番はもうないみたいです(笑)

DSC02242

中鉢さんところでは牛も飼ってます。
子牛を生んだのは警戒して思いっきり威嚇されましたが
こどもがいないのはのんびりしたもんです。

DSC02252

そしてこれが牛さんたちからの頂もの。
稲わらと混ぜてよーく発酵させて田んぼの肥料となります。

DSC02253

28年産はとにかく順調そうなので出来秋が楽しみです。

東北訪問記録その5

さてさて東北訪問シリーズも5回となりました。
山形を離れてついに宮城へ!
でいきなり休憩(笑)
案内いただいたのは尿前の関(しとまえのせき)近くにあります里山カフェ。
里山カフェの玄関
こちら築150年以上の古民家を改装しています。
鬼が見てる 150年以上前の古民家を改装
里山カフェの中
暖簾をくぐって店内に入ると重厚感たっぷりなんだけどゆったりしてて気持ちが休まります。
それもそのはずでオーナーの鈴木さんはこの地を愛する者として東京でのお仕事を辞めて鳴子で暮らし様々な活動をしておられるそうで、ここが都会の方にとって癒しの空間になればと言う思いで定期的にオープンしているそうです。
さとのわホームページ
http://satoyama-cafe.jimdo.com/
 
おっさん3名で入店しましたが、周りのお客さんはお若い女性が中心。しかも話す言葉がどうもこの辺りの方のそれとは違う。ああ普通に標準語ですやん!
ほんまに東京や関東方面から来てはるんやね!
休憩なんでお茶とケーキをいただいてたんですが、こちらのカフェでランチに玄米ごはんを出していると知り、無理を言ってすこしばかり試食させてもらいました。
玄米はゆきむすびと言うお米。
鳴子のお米ゆきむすび
さすがに低アミ米なのでやわらかーいんですけど、これにカレーを乗っけるには柔らかすぎない?って思うんだけどわざと柔らかく炊いてるそうです。
この辺りは米屋の固定観念なのかもですね。

山形・宮城訪問してきました その3

さてさて訪問記その3です。
とってもこじんまりしてますが日本海と太平洋へと別れる堺田分水嶺です。
想像していた分水嶺とは随分違ってましたが、それでも右に流れるか左に流れるかで行き先が大きく変わるんだと思うと少し考えさせられるものもありますね。

分水嶺

山形・宮城訪問してきました その2

塩野原基線の解説看板

塩野原基線

山形県新庄市にある塩野原基線。
こちら、明治27年に5万分の1の日本地図を作成するために作られた1等三角点の西端側です。
東側には同じく東端があり東西の距離は約5km。
当時全国に同じような基線が15箇所設けられたそうですが現在も基線として現存するのはこの塩野原基線のみ。
なんせ端から端まで障害物が無いことが基線の条件でそれを満たしているのがここだけだそうです。
そんなすごい「測量遺産」ですが、かなりマイナーで地元の方にもあまり知られてないそうです。